無線LAN中継機「忠継大王」でWi-Fi環境を改善する!

我が家の無線LANルーターは、僕の部屋に設置していて、iMacを使っている分には快適に使えている。

ところが、リビングでiPadを使おうとすると、やたらと遅かったり、LTEになってしまう場合もあったりする。リビングでは、奥さんがMacBook Airを使ってネットに接続しているのだけど、やっぱり遅いようだった。我慢して使っていたようだけど、せっかく最新のMacBook Airを買ったばかりなのに、接続スピードが遅いのは馬鹿馬鹿しい。

僕自身もこの連休、リビングでiPadを使うことが多く、接続環境の悪さを実感したので、無線LAN中継機を導入してみることにした。さっそくMacと無線LAN中継機でググってみると、一発で「忠継大王」という変わった無線LAN中継機が出て来た。Amazonで確認すると「PLANEX 11ac 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX750NP コンセント直挿し型 ソケット一口追加 見えルンです対応」4,681円也とそれほど高価ではないので、さっそく買ってみることにした。接続環境が改善されることを祈りつつ、思い切って購入した。

忠継大王

犬の顔をしているので、どこかの通信会社の製品と勘違いしそうだけど、planexという会社の製品だ。

忠継大王

箱から取り出すと、本体はこんな感じだ。

WPSボタンが付いていて、このボタンが付いている無線LANルーターであれば、簡単に接続できるらしい。AppleのAirMacはボタンが無いので、ウェブで設定をする。

ウェブでの設定をするのに、大いに参考になったのは、「偏差値ふぉーてぃー」の記事である。

忠継大王

ウェブによる設定をする前に、コンセントに差し込む。本体前面右側の3つのLEDランプが点灯する。

まずiMacのWi-FiメニューでSSID「Planex_ex_setup」に接続する。

次にブラウザのURL欄に「192.168.111.1」と入力すると、ユーザー名とパスワードを求められるから説明書に書かれているものを入力する。

最後に表示された設定画面のWiFi設定でSSID一覧を表示させ、無線LANルーターのSSIDを選択する。

この3つのステップで設定は簡単にできた。

忠継大王

設定が完了した後で、本体を確認してみると、インジケーターLEDが3つとも点灯していた。2つ以上ならOKのようだ。

奥さんにMacBook Airを使ってもらうと、あっと言う間にブラウザの表示ができた。いつもはかなり時間がかかっていたらしい。

僕もiPadで試してみたが、サクサクと表示されるようになった。ましてや家の中でLTEになるポイントは全く無い。

もっと早く導入していれば良かったと、後悔したくらい改善されて、「めでたしめでたし」ということに。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.