『疲れない脳をつくる生活習慣』石川善樹

『疲れない脳をつくる生活習慣』石川善樹

サブタイトルは、「働く人のためのマインドフルネス講座」とあります。

「マインドフルネス」というのは、瞑想によって内面を観察し「いまここ」に集中することで、生活や仕事の質の改善に役立てるのが最近のトレンドのようです。

この本は、「疲れない脳」つまりパフォーマンスの高い脳をつくるための習慣について書かれている本です。5章で構成されていて、それぞれ瞑想、睡眠、姿勢、血糖値(食事)、習慣について書かれています。どれもが実践してみたくなるような、シンプルで簡単な方法で、それを生活習慣とすることによって、「疲れない脳」をつくることができるのです。

例えば朝は、毎日決まった時間に起床し、血糖値を急激に上げないようにタンパク質と炭水化物をミックスした朝食を食べます。そして、体を動かしながら、太陽の光を浴びて体内時計をリセットします。こういう習慣を身に付けることによって、「疲れない脳」をつくることができるのです。

目安は8週間のようです。さっそく、気になるもの、優先してやってみたいものを3つくらい選んで、実践してみたいと思います。
(21冊目/2016年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.