『ふる』西加奈子

投稿者: | 2016年2月7日

『ふる』西加奈子

著者によるあとがきや本の帯には、私は「いのち」のことを書きたかった、とあります。

ふる』を読み終えてみて、なるほどと思える箇所は随所に出てきます。でも、「いのち」のことを書くということは難しいのだろうというのが、実感です。きっと、いくつかの作品によって、西加奈子さんは「いのち」のことを書いてくれるんだろうと思います。あとがきでも、「また描きたい」とおっしゃっていますから、きっと永いテーマになるんだろうと思います。

敢えてこの小説のストーリーには触れませんが、池井戸花しすという主人公の毎日と過去を交互に描いているところは、ほんの短い間の「いま」の出来事に退屈しないで、面白く読むことができた気がします。西加奈子さんの描く世界には、独特の臭いがあって、最初はそれが鼻についていた気がしますが、最近ではその臭いに引き寄せられている気がします。あれよあれよという間に、最近の著書はかなり読みました。

これからは、ちょっと遡って読んでみようかなと思っています。もちろん、新刊が出たらすぐに読みたいと思うでしょう。
(20冊目/2016年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.