長田弘さんの詩集を買う

投稿者: | 2016年2月7日

『世界はうつくしいと』長田弘

どこで知ったのか、ネットサーフィン中にたまたま見つけたのだと思いますが、僕が毎朝書いているノートの最初のページには、長田弘さんの詩を書き写しています。「空の下」という詩なんですが、言葉は静寂な感じすらしますが、その内側からは強さを感じる詩なのです。そういうところに心を打たれ、好きになった詩人ですが、実はまだ詩集を読んだことがありません。ネットでその一部を読んでいるだけです。

昨日の朝いつものようにノートを書いていて、ふとまた「空の下」を読み返してみました。

時間の速度をゆっくりにするのだ。
考えるとは、ゆっくりした時間を
いま、ここにつくりだすということだ。

このフレーズがとても良いなと思っていたら、やっぱり詩集を読みたくなってしまいました。

「空の下」が収められているのは、『一日の終わりの詩集 』なのですが、この本はAmazonでも新品は無くなっていて、中古しかありません。注文してすぐには届かないので、今日長田弘さんの詩集を手にしたいと思い、写真の『世界はうつくしいと』を注文しました。そして夜届いたのです。

これまで詩集を読んだことはあるのですが、あまり多くはありません。僕としては、とても珍しいことだと思います。

一気に読もうと思ったら、あっと言う間に読めるくらいのページ数ですが、ゆっくりと読もうと思っています。一日にひとつかふたつで良いです。しかも、少し後戻りして前に読んだ詩を、繰り返し読みながら、詩集のページを捲って行くことにしました。

正しく、時間の速度をゆっくりにしながら、読みたいと思っています。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.