『幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい』丸井章夫

『幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい』丸井章夫

どちらかと言うと、「幸運を引き寄せる」とか「神さま」とか、そういうのには抵抗感を感じる方です。だから、この本を買う時は躊躇しました。初めて本屋さんで見た日は、パスしたのですが、また別の本屋さんでとうとう買ってしまいました。

実際に『幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい』を読んでみて、やはりノートや手帳、日記を書くことは大事なんだと、再認識しました。そういう意味では、読んで良かった本です。実践してみたいことも得られました。

この本で書いたら良いと勧められているのは、三つのノートです。物理的に三つノートを用意しなくても良くて、内容の違いが三つです。「ドリーム・ノート」と「ギフト・ノート」、「ソリューション・ノート」です。

「ドリーム・ノート」はタイトルどおりです。夢を書くとそれが叶えられるというもので、引き寄せの法則と言われているものです。これは実践したいと思っています。あまりに現実とかけ離れない程度に、夢らしい夢を書き出してみようと思いました。そんなことが叶う筈がないと、最初から諦めるのは止めて、まずは書き出してみようと思いました。

「ギフト・ノート」は、贈り物という意味ではなく、才能という意味の「ギフト」です。自分が持っている才能に気付くためのノートと言えるでしょう。

「ソリューション・ノート」は、課題を解決するためのノートです。問題を書き出すだけで、解決の大半が終わるみたいなことが言われています。問題を問題として認識することで、解決策にかなり近づくことが出来ると思います。

心の中で思っていること、無意識に近いこと、いろんなことを書き出すだけで、それが見える形になるのですから、書くということはそれだけ大切なことだと思います。僕も今いろんなノートを書いています。日記とか、手帳と言われるものを含めての話です。今のところ幸運なことは起こっていない気がしますが、何だかそのうち良いことが起こる気がしてきました。僕が今書いているノートに、この本の実践してみたいと思ったことを追加してみたいと思います。
(18冊目/2016年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.