『10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート』神岡真司 監修

『10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート』

10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート』は、心理術の本です。人間の心理的な特性を利用して、相手の心理を読み取ったり、相手からの好印象を獲得したり、依頼事項をすんなり了承してもらったりするテクニックが200項目も書かれている本なのです。

相手のホンネを見抜くことや相手を思い通りに操ること、苦手な相手を攻略すること、相手に好印象を与えること、感情をコントロールすることの5つの章に分かれています。僕が一番興味を持ったのは、自分の感情をコントロールできる心理術です。

大勢の人の前で話をする場合、緊張をほぐすためには前席に座っている人の中で、視線が良く合う人を選んで、その人に一対一で話すようにすると良いということを聞いたことがあります。これも心理術だったのです。

こういう本は、最初から最後までを通しで読む本と言うよりも、こういう場面でどうしたら良いかと思ったら、それを検索して該当するものを読み、実践するのが一番良いだろう。

一度読んで終わりじゃなくて、後から読み返すとか、参照するとかする方が合っている気がします。
(17冊目/2016年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.