「紳士なノート」を「ライフログノート」として使う

紳士なノートA5版5mm方眼

情報は1冊のノートにまとめなさい』という本を読んだのは、2008年4月のことでした。サブタイトルは「100円でつくる万能「情報整理ノート」」というものになっていました。今電子書籍で読んでいる『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』の内容は、実は前の本の100円ノートではなくなっています。100円ノートとは、A6版の小さなサイズのノートなのですが、それだといろんなものを貼ったりできないので、A5版のノートになっているのです。当初のこのノートから、『人生は1冊のノートにまとめなさい』や『読書は1冊のノートにまとめなさい』のノートも含め、完全に一元化した方が良いと思える内容です。

そんなわけで、このノート術に関する本を最初に読んだ時から8年近く経った今、また実践してみたくなりました。ぶっちゃけ、あの頃実践できなかったノート術を、今こそ実践したいと思い始めたのです。

そしてどんなノートを使おうかと考え始め、文房具屋さんでいろいろ迷いつつ、結局この「アピカ プレミアムCDノート CDS90S 5ミリ方眼罫 A5」にしたというわけです。

A5 note cover装着の紳士なノート

そして大切なノートなので、カバーをかけて使おうということで、「UNITED BEE ノートカバー ブラック A5 イタリア製合皮」を買って、かけてみたら、何とぴったりではないですか。しかもこのカバーは合皮なんですが、手触りがとても良く、フィット感があります。

972円の「紳士なノート」に、1,296円(2割引きでした)のノートカバーを付けたら、とても素敵なノートになりました。

ライフログノート

というわけで、さっそくノートやノートカバーを買ったお店のレシートなどを貼り付けて、ライフログノートにしてみました。ちなみに丸善は定価なんですが、ノートカバーを買った虎ノ門のオカモトヤさんは、2割引きなのです。しかもノートカバーについて言うと、定価1,500円のものと1,600円のものがあり、黒色のものは1,500円だったのです。2割引きなら、紳士なノートもオカモトヤさんで買うべきだったと、後悔していますが、在庫があったかどうか定かではありません。

ところで、紳士なノートの書き心地ですが、LAMYサファリで書いてみたのですが、とても滑らかで気持ち良く欠けました。滑らか過ぎて、インクがしみ込まないのではないか、乾かないのではないかと思ったくらいです。一度使っただけでファンになってしまいました。

あとは、ライフログノートをずっと続けて行くだけです。習慣化できるように、とりあえず3週間を目標に続けてみるつもりです。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.