『ふくわらい』西加奈子

『ふくわらい』西加奈子

西加奈子さん、著書を全部読んでみたい作家のひとりです。

僕の中では、好きな作家さんの作品は、無条件に全部読みたいなんですが、西加奈子さんの場合はちょっと迷いがあります。この『ふくわらい』を読み始めた時は、途中で挫折するかも知れないし、読むのに凄く時間がかかるのではないかと思ったのですが、実はかなり早いペースで一気に読んでしまった感じなのです。そして、やっぱり西加奈子さんの作品は、全部読みたいということになったのです。

独特の世界観、空気感、臭い、そんなものを西加奈子作品には、感じます。この作品に関して言えば、主人公を始めとする登場人物がとてもユニークです。もちろん、主人公も含めます。僕が未だ会ったこともないようなキャラクターが、次々と登場します。強面のプロレスラーも出てきますが、西加奈子さんはプロレスファンらしいから、頷けます。

おっかなびっくりしつつ、先を読もうとしたら、スラスラと読めてしまいました。もっと引っかかりそうな気がしたのですが、思いの他集中できた本で、とても面白い本でした。
(10冊目/2016年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.