『本を読む人だけが手にするもの』藤原和博

『本を読む人だけが手にするもの』藤原和博

本を読む人だけが手にするもの』は、とてもわかりやすく、読みやすい本だった。

本の読み方、読書術についての本ではなく、読書の効果について書かれている本だ。成長社会から成熟社会へと移行した世の中で、本を読むことは自分の幸福論を見つける手段になる。そもそも与えられた幸福論から、自分で見つける幸福論へと移行しなければ、成熟社会ではやって行けない。そんな内容の本である。

面白いのは、ジグソーパズル型とレゴ型の違いで、前者は答えがひとつであり、後者はいろいろな解がある。後者は、より創造的であって、今の世の中にはそういう創造性が必要で、読書は創造性を身に付ける効果があるという主張である。脳に対するいろいろな効果についても、書かれている。効果だけでなく、読書の習慣を身に付ける方法についても書かれている。

最後に著者お勧めの本が、50冊紹介されている。是非来年の読書の参考にしたい。
(113冊目/2015年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.