『PRESIDENT 2015.12.14号 効率100倍!自分が変わる 毎日が楽しくなる手帳術』

投稿者: | 2015年11月29日

『PRESIDENT 2015年12月14日号 毎日が楽しくなる手帳術』

雑誌『PRESIDENT』は、結構惹かれる特集記事があって、買って読む頻度は高い。月に2回発行されていて、見逃してしまうこともあったりして、買い損ねたものも結構ある。今回はたまたまAmazonのサイトを見ていて、目に入った。買わずにいられないと、即Amazonで注文した。『PRESIDENT 2015年 12/14 号』である。

手帳術特集目当ての雑誌購入は、今年最後かなと思いつつ、買ってみた。特集の内容は、ざっと紹介するとこういう感じである。

まずは手帳の「2016売れ筋ランキング」だ。全国のTSUTAYAで過去1年間に『PRESIDENT』を買った読者のうちで、10月25日までに手帳を買った人のベスト15が載っている。ビジネス雑誌購入者らしいランキングというのが、パラパラと読んでみた感想である。他にいくつかの書店などでのベスト10が掲載されている。丸善丸の内本店や紀伊國屋新宿本店、渋谷ロフト、Amazon.co.jpの趣味手帳のランキングである。

次に糸井重里さんの手帳術のページがあった。糸井重里さんと言うと、やはり「ほぼ日手帳」である。使い方の紹介が出ているけれど、何だかとても魅力的に見える。4ページの記事なので、使い方は絞られているのに、とても魅力的に見えるのだ。

『PRESIDENT』らしいのは、年収2000万の人と200万の人の手帳の使い方比較記事である。5人の経営者の手帳術の紹介記事と一緒になっている。続いて、経営トップ告白「わが体験、ルーズな自分をこう変えた」でも、4人の経営者の手帳術が紹介されている。

「目的別業界トップが伝授、手帳のスゴ技7」という記事は、例えばセールストップ社員という意味で、経営トップの手帳術紹介記事とは少し違っている。

結構面白いと思ったのは、「手帳上手になる3分レッスン」と「手帳のトラブルシューティング おトク百科」というふたつの記事だ。

ところどころにコラムがあって、「新聞記者のノート術」と「フリクションペン知られざる活用法」、「あなたの手帳、同じものが108円で手に入る!?」の3つである。モレスキンのライバルは、ダイソーのダイスキンという愛称で親しまれているらしい。近いうちに立ち寄って、手に取ってみたくなる。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.