読書モチベーションをアップする月間ノート

ミドリ プロフェッショナルダイアリー

ここ数年、読書に関するモチベーションをアップするため、ミドリの『ミドリ プロフェッショナルダイアリー PRD-3』を使っていました。価格は約1,500円ほど。縦長の変形A5サイズの月間ダイアリーです。

ミドリ プロフェッショナルダイアリー

こんなふうに、月間ダイアリー部分に読んだ本を記入します。ワンポイントで東京吉祥寺の文具店36の図書シールを貼り付けて、読んだ本のタイトルと著者、月間の何冊目か(年間の何冊目か)など記入しています。

月間ダイアリーの下の部分に、その月に読みたい本10冊をピックアップしてタスクのような形で書いています。予定どおり読んだら、赤ペンでレ点を書き、読んだ日付を記入しています。

ミドリ プロフェッショナルダイアリー

月ごとに月間ダイアリーページの次にちょっとしたメモスペースとタスク一覧を書き込めるページがあるのですが、このページはほとんど使っていない状況です。

ミドリ プロフェッショナルダイアリー

最後の方にはノートページが、14ページほどあります。例えば本の感想を記入するためには、ページ数が足りそうもないですし、読んだ本の一覧でも書くことにすると、ページは多過ぎるのです。

レイメイ藤井 月間リフィル(BLOCK)

来年から月間ダイアリーを変えてみることにしました。あれこれ見たのですが、手軽な価格の『レイメイ藤井 フォルダイアリー 2016年 手帳用リフィル 10月始まり マンスリー B5』にしてみました。この月間ダイアリーは、『フォルダイアリー』などのリフィルとして販売されているものです。

レイメイ藤井 月間リフィル(BLOCK)

まず2015年10月から2017年1月までの年間ダイアリーページがあります。このページは多分使わないと思います。

レイメイ藤井 月間リフィル(BLOCK)

2015年10月のページに、今年使っている『ミドリ プロフェッショナルダイアリー PRD-3』のような使い方で、記入してみました。読みたい本は、左側に記入し、月間ダイアリーの部分に同じように記入してみました。サイズがB5と大きいことから、スペースも広く書きやすい感じがします。罫線が入っているのも、このノートにしてみたひとつの理由です。

レイメイ藤井 月間リフィル(BLOCK)

新しい月間ダイアリーは、余計なページはほとんど無くて、このアドレスページくらいしかありません。余分なページが無い分だけ、価格も432円と経済的です。

レイメイ藤井 月間リフィル(BLOCK)

最後のページは、パーソナルデータを記入できるようになっています。持ち歩く予定は無いので、書いても書かなくても良いかなと思っています。

この『レイメイ藤井 フォルダイアリー 2016年 手帳用リフィル 10月始まり マンスリー B5』は、あくまでも読書のモチベーションアップのために使います。読書ノートのように、読んだ本の感想を書くのは、『Moleskine 2016 Daily Planner, 12M, Large』にする予定です。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.