『人影花』今邑彩

投稿者: | 2015年7月9日

人影花

今邑彩さんの小説のファンになってしまった。『』に引き続き読んだこの『人影花』も、とても面白かった。

人影花』これまで短編集に収録されたことのない作品をまとめた文庫オリジナル作品集。とても短いショートショートみたいな短編もあったが、今邑彩さんの作品の面白さは、やはり最後の落ちの部分だろう。果たしてこれはミステリーなのか、ホラーなのか、最後の落ちで判明する。どっちなんだろうと思いつつ、ページをめくるスピードも速くなる。気が付いたら、物語に惹き込まれている。

通勤の往復で読んだのだけど、実質的には1往復半くらいで読んでしまった。スラスラと読める文章だと思う。とても読みやすいし、物語に惹き込まれる分集中力は高まる。

積読本が沢山あるので、積読本が片づいたら、他の今邑彩作品も買って読んでみたいと思う。本当にファンになってしまったみたいです。
(57冊目/2015年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.