『翼をください(下)』原田マハ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

偶然だったけど、出張のため乗った福岡行の飛行機の中で読了しました。『翼をください(下)』は、第二次世界大戦の中、アメリカとの開戦前の日本の新聞社が企画した世界一周飛行を描いた物語です。

この本を読むまで、日本による世界一周飛行が成し遂げられたという事実すら知りませんでした。そしてアメリカ人女性による世界一周飛行のことも知りませんでした。この小説はふたつの史実を絡み合わせた物語です。世界一周飛行に飛び立った日本人カメラマンと、アメリカ人女性パイロットの人生が、意外なところで絡み合います。これはもちろん史実ではないのですが、そこがこの物語の面白さでもあります。

原田マハ作品で面白いものを3つ挙げろと言われたら、この作品もそれに加えたいと思う作品です。飛行機のことに詳しくなくても、すらすらと読めて、読み終えた後には清々しい気持ちが残っています。何かを成し遂げる素晴らしさと、どんな環境に置かれていても信念を貫く強さと、いろんなことを感じる物語でした。
(52冊目/2015年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.