『1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣』午堂登紀雄

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久々に読んだ自己啓発本でした。『1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣』は、タイトルどおり悪い習慣を捨てようという内容の本です。例えば、40の悪い習慣のうちに「自己啓発書を捨てる」というのがあります。

自己啓発書を完全に否定しているわけではなく、利点として「自分の思い込みや固定観念を打ち破ってくれる」とか、「新しい着想・視点が得られる」ということなどがあげられています。しかし、「何をどうやるか」までは教えてくれないのが、自己啓発書であって、本当に「自分が変わるのは、行動に移したあと」なのだと言います。確かにそのとおりだと思います。本書も含めて同じような自己啓発書は沢山あり、どれか1冊に書かれたことを行動に移せば、確実に自分を変えられるのではないかと思います。また、「他人の思考をなぞるだけでは思考停止する」ということは、同感です。読んだことであたかも自分が変わっているような錯覚さえ起こしかねません。自己啓発書の罠だったりします。もちろん、著者がそれを意図しているとは思いませんが、読み終えて内容がスカスカだったと思う本も多いのです。

ぜひ行動に移そうと思ったことが、いくつかありました。そのひとつは、「タイムマネジメントを捨てる」ことです。捨てられないと、忙しいことで満足してしまいます。捨てられると、成果を追求できるのです。つまり、マネジメントすべきは、自分の動き方という考えに共感したのです。「いかに効率良く時間を使うか、詰め込むか」ということよりも、「同じ時間を使って効果効用が最大になるように自分の動き方を最適化させること」が大事なのだと思います。「スケジュールは他人との約束に過ぎず、本当に重要なのは、自分は何をすべきかという自分との約束」なのだということは、全く同感です。この本を読んで、なるほどと気付いたことです。

こんなふうなことが書かれているのですが、40項目全てに共感したわけではありません。自分に合いそうなものと、そうでないものは、どんな自己啓発書にもあるものだと思います。自分に合っていると思ったことを、行動に移すことを意識して、自己啓発書の読み過ぎには注意したいものだと思います。
(48冊目/2015年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.