『森は知っている』吉田修一

投稿者: | 2015年6月2日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森は知っている』は産業スパイ鷹野一彦シリーズの第二弾だったということに、読み始めて気付きました。第一弾は前に読んだ『太陽は動かない』でしたが、内容は忘れていてどういう連続性があるのかは、良く分からなかったというのが正直なところです。主人公の鷹野一彦が、産業スパイとしての第一歩を踏み出すまでの物語が、第二弾になっているようで、エピソード0みたいなものでしょうか。

物語は高校卒業前の主人公の話から始まるのですが、彼の子供時代のエピソードなどが散りばめられています。物語は読んでいて面白く、サクサクと読めてしまう本でした。これからこのシリーズはどう続いて行くのか、期待したい気持ちと、あまりに長く続いているシリーズ物に飽きてしまうのではないかという不安もあったりします。

あまり延々と続くのではなく、せいぜいあと2から3作品くらいで、意外な終わり方をするシリーズ物であってほしい気がします。いずれにしても、次の作品がとても楽しみです。
(47冊目/2015年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.