『たそがれビール』小川糸

投稿者: | 2015年5月19日

たそがれビール』この本を買おうと思った動機は、タイトルがいいなと思ったことだ。僕が本を買う時に、一番気になるのは装丁なのだけど、その次はタイトルだったりする。そういう第六感的な理由で、良いなと思う本に出会えたりすると、とても嬉しい。

小川糸さんのエッセイは、どちらかというと雰囲気が好きで読んでいる。エッセイを読んで想像する空気が、とても良い雰囲気だと思うのである。そういう空気を身に纏って暮らしてみたいと思ったりする。

このエッセイは日記形式で、こういう日記を書いてみたいと思いながら読んだ。海外に長期間滞在して、いろんな場所を訪れたり、美味しいものを食べたりするのは、とても羨ましい。海外じゃなくて良いから、どこかに長期間旅をして、その街のことを文章にするとか、ブログで紹介するとか、そんな生活に憧れる。

いろんなことを考えながら読んだ。ついつい考えることの方へ気持ちが集中し、文章が入って来ないことさえあった。サクサク読める、良い意味で軽い読み物だから、気軽に読める。
(43冊目/2015年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.