本の買い出し19冊

投稿者: | 2015年5月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日はルミネ10%オフの日で、恒例の本の買い出しに出掛けていた。奥さんの本を含めて16冊買って、配送してもらっていたので、届いたのは今日だった。昨日出掛けたのは横浜だったのだけど、奥さんはその前日に大船のルミネに行っていたので、その時に買った文庫本が6冊あった。写真は奥さんが買ったコミックを除いた19冊の本の写真である。

19冊の本のうち、ムック本の『美味しい日本茶入門』は、最初のページから順番に読む本ではない。パラパラと捲って楽しもうと思っている本だ。もう一冊の『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』も、最初から終わりまで一気に読もうと思っている本ではなく、必要に応じて必要なパートを読みたいと思っている本だ。家で読む本ではなく、会社に置いておきたい本である。この2冊を除いた17冊が、通勤の往復などの時間を利用して、読みたい本である。以下がその本のリストだ。

  1. 鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐』 上橋菜穂子
  2. 鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐』 上橋菜穂子
  3. 永い言い訳』 西川美和
  4. [ビジュアル版]1%の人だけが実行している37の習慣』 井上裕之
  5. 「めんどくさい」がなくなる本』 鶴田豊和
  6. 1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣』 午堂登紀雄
  7. 地下の鳩』 西加奈子
  8. 円卓』 西加奈子
  9. 炎上する君』 西加奈子
  10. 家族写真』 荻原浩
  11. 七夜物語(上)』 川上弘美
  12. 七夜物語(中)』 川上弘美
  13. 七夜物語(下)』 川上弘美
  14. 夜離れ』 乃南アサ
  15. 東京ホタル』 原田マハほか
  16. 先生と僕』 坂木司
  17. 満月ケチャップライス』 朱川湊人

上橋菜穂子『鹿の王』は、本屋大賞受賞作だけに読んでみたかった。面白かったら、他の上橋菜穂子作品も読んでみたい。そういう意味では、最近になっていろいろ読み始めている西加奈子さんの本も、今回は一気に3冊買ってみた。川上弘美『七夜物語』は、出版された時にとても興味があったのだけど、3冊もあったので躊躇っていたもの。文庫になった機会にぜひ読んでみたいと思った。

本に対する思いは膨らむのだけれど、まだまだ積読本が沢山あるから、今回買った17冊を読むのは少し先になりそうだ。現時点での積読本は、全部で34冊になった。読破するのに、3か月はかかりそうだ。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.