『火星に住むつもりかい?』伊坂幸太郎

投稿者: | 2015年4月9日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

火星に住むつもりかい?』とても面白かった。犯罪のない社会を作るために組織された平和警察は、冤罪もおかまいなしな傍若無人な捜査と処刑を行う組織だった。その組織に立ち向かう正義の味方を描いた物語なんだけれど、そこは伊坂幸太郎さんらしく単純な物語ではない。ラストの落ち着きどころが、他の作品に比べて、すっきりしている感じがあって、読後感も気持ちが良かった。そして、一言で言うと「とても面白い本」だった。

タイトルはSF小説みたいに思えるが、架空の物語であるだけだ。宇宙が舞台の小説ではない。このタイトルに関しては、著者のあとがきの中に書かれていて、なんだそういうことかと思った程度。読むのには少し時間がかかったけれど、全体を通して楽しめる物語だと思う。
(36冊目/2015年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.