『青い炎』貴志祐介

投稿者: | 2015年1月24日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

面白かった。金曜日に200ページ弱のところまで読んでいたが、残りの300ページ強を一気に今日だけで読み終えてしまった。今日、明日で読めたら良いなと思っていたのだけれど。

貴志祐介作品は『悪の教典』が初めてだったが、とても面白かったので、他の作品も読もうとこの『青の炎』を買っていた。ちょっと分厚い作品だったので、積ん読期間がちょっと長くなった気がする。

主人公である高校生の秀一の心理描写も素晴らしく、いつの間にか物語に引き込まれていた。彼が遂行していく計画が破綻しなければ良いと、ハラハラしながらページを捲った。ミステリー小説なんだけれど、青春小説でもあり、そしてとても悲しい物語だった。

余談だけど鎌倉や藤沢という身近な場所の記述があり、そういう親しみやすさもあった本だった。貴志祐介作品は、また近いうちに読んでみたいと思う。何を読むかは、そのうち考えよう。
(10冊目/2015年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.