真冬の富士山と冬晴れの空

投稿者: | 2014年12月7日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日曜日の朝の散歩は、明るくなってから出掛けた。出勤の日と違って、朝の支度の時間を考える必要もなく、ゴルフの朝練をしようにも、ゴルフ場から送ったクラブが届いていないから、散歩を急ぐ必要がなかったからだ。

季節は少しずつ変わってはいるのだろうけど、何だか突然に真冬がやって来たみたいに思える。昨日は日本海側を中心に、大雪になったところもあるようで、富士山の冠雪もその範囲を広げている。もっと降ったら、もっと真っ白になることもあるけれど、だいたい真冬の富士山はこんな感じだったと思う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こういう空の朝は、とても寒い。南関東の真冬はこんなふうに晴れることが多いのだけど、こういう空の朝は本当に寒い。

防寒のためにズボンは風を通さないものに、上着は最近買ったライトダウンだけど、帽子はニットのもので、ネックウオーマーも装着した。太陽は顔を出しても、まだ低い位置だからか、ぽかぽかしてこない朝である。

地面を盛り上げるような霜柱の上を愛犬ふぅちゃんは、平気で歩いて行く。肉球とは冷たくならない断熱効果でもあるんだろうかと、感心してしまう。

間違いなく、良く晴れた気持ちの良い朝だけど、寒くて縮こまって歩く朝だった。

 


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.