久々に長谷寺を歩く

投稿者: | 2014年10月25日

1025-7

久々に訪れた鎌倉の長谷寺は、相変わらず大勢の人出だった。外国人観光客が多くて、目立っていた。

鎌倉で人出が多いお寺のベスト3には入るだろう。お寺で人出が多い上位は、高徳院(大仏)、円覚寺、建長寺くらいだろう。とにかく、この日は何故か人出が多い気がした。

秋でも紅葉の季節は人出が多いだろうし、長谷寺で言うと一番は紫陽花が咲く頃だろう。何だかやけに人出が多いと思ったのは、時間帯のせいかも知れない。

長谷寺では、大晦日に万灯祈願会が催される。その時火が灯されるカップ型ろうそくに祈願を書いてきた。書いたのは、「身体健全」という言葉。やはり健康が一番で、全ての基本になるから。

奥さんに「不老長寿と書けば良かった」と言うと、「欲張り過ぎでしょ」と一蹴された。「やっぱり、一攫千金が良かったかな」なんて罰当たりなギャグを飛ばしながら、境内を歩いた。

1025-8

長谷寺は、736年(天平8)に創建された鎌倉では古い方に入るお寺だ。本尊は十一面観音菩薩像で、奈良の長谷寺と同じ1本のクスノキの霊木により彫られたとされている。高さは9メートルを越え、木造の仏像では日本最大級とされている。

そんなご本尊にお詣りして、観音堂を出たが、やはり人出は多い。

1025-9

観音堂隣にある宝物館は、工事中だった。その脇にジュウガツザクラが割いていた。春の桜と違って、花がまばらなので、ちょっと淋しい気がする。

1025-10

長谷寺は眺望が良い高台にある。遠く逗子や三浦半島を眺めることができる。だんだん雲が多くなっていたけれど、季節のせいか、見晴らしはとても良かった。

1025-11

長谷寺には紫陽花だけでなく、いろんな種類の花が咲いている。

写真のホトトギスは境内のアチコチで目立っていたが、ツワブキやノコンギクなどいろいろな花が咲いていた。庭も綺麗だし、長谷寺は花の寺でもある。

長谷寺を出た後は、久しぶりに江ノ電に乗り、藤沢経由で帰った。江ノ電も満員状態だった。

 


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.