月別アーカイブ: 2014年10月

『ポケットに物語を入れて』角田光代

投稿者: | 2014年10月31日

僕の読書は、そのほとんどが通勤の往復の電車の中である。実はかれこれ8年前くらいまでは、僕はほとんど本を読まない人だった。ある年何故か年間100冊の本を読んでみようと思い付き、2008年の途中からの記録であるが、150冊の… 続きを読む »

『悟浄出立』万城目学

投稿者: | 2014年10月27日

万城目学さんの本は、出版されたらすぐに買って、すぐに読むことに決まっている。だから、この本を買う時には、中身をチェックしなかった。目次さえも見ないまま、買ってしまった。 いよいよ関西を出て、中国を舞台にしたユーモア小説を… 続きを読む »

久々に長谷寺を歩く

投稿者: | 2014年10月25日

久々に訪れた鎌倉の長谷寺は、相変わらず大勢の人出だった。外国人観光客が多くて、目立っていた。 鎌倉で人出が多いお寺のベスト3には入るだろう。お寺で人出が多い上位は、高徳院(大仏)、円覚寺、建長寺くらいだろう。とにかく、こ… 続きを読む »

今朝の散歩

投稿者: | 2014年10月25日

目に見えるかのように、明るくなる時刻が遅くなってきた。 太陽が顔を出したのは、午前6時頃のことで、愛犬ふぅちゃんと線路脇まで行った頃だった。それからしばらく、電車を待った。1本だけでは満足してもらえず、もう1本待たされた… 続きを読む »

『鎌倉観光文化検定公式テキストブック』

投稿者: | 2014年10月24日

『鎌倉観光文化検定 公式テキストブック』を読むのは、少なくとも3回目である。パラパラと捲ってランダムに読んだ回数を加えると、もう少し読んでいるだろう。 鎌倉検定の出題範囲は、結構幅が広い。歴史・旧跡、自然・景観、寺院・神… 続きを読む »

『八月の六日間』北村薫

投稿者: | 2014年10月20日

初めて読む北村薫作品。『八月の六日間』が本屋さんで平積みされているところを見かけ、初めて読む作家の作品だけど、何故か読みたくて仕方なかった。中身も知らないくせに、本屋さんで見かけて読みたくなる本との出会いは、年に2,3回… 続きを読む »

富士山冠雪くっきり

投稿者: | 2014年10月16日

そろそろ雲が取れていないか、確認してみたところ、冠雪がはっきりと確認できた。 やっぱり富士山は冠雪がある方が、富士山らしい。 素晴らしい富士山が見られて、今日は朝から気持ちが良い。 ↑↓この記事良いなと思ってくださったら… 続きを読む »

富士山冠雪

投稿者: | 2014年10月16日

今朝の空気は、とても爽やかで気持ち良かった。薄着だと肌寒い感じさえする晩秋の空気のようだった。 散歩に出掛ける時には、富士山はまだ雲に覆われていたけれど、帰って来た頃には雲が取れかけて、山頂付近が顔を出した。冠雪している… 続きを読む »

2週連続台風一過の空と富士山

投稿者: | 2014年10月14日

週明けの朝、台風が通過して行くというのは、先週に引き続き2週目。誰かが狙っているかのように、休み明けの朝だ。 ただし、今回は予定が狂ったみたいで、台風19号は未明に通過したので、明るくなった頃には台風一過の青空が広がっ… 続きを読む »

『アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉』小倉広

投稿者: | 2014年10月13日

『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を読んで、「本当にそのとおり」と一番思ったのは、次の言葉だ。 「人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は、きわめてシンプルである。」 冒頭… 続きを読む »

あなたの1年が劇的に変わる!最強の手帳術(日経ビジネスアソシエ)

投稿者: | 2014年10月12日

やっぱり、この時期になるとビジネス誌では、手帳特集が組まれる。来年の手帳は決めた筈だけど、特集に惹かれて買って来た。『日経ビジネス Associe (アソシエ) 2014年 11月号』である。 ほとんど中身も確認しないで… 続きを読む »

『平凡』角田光代

投稿者: | 2014年10月10日

「もしあの時こうしていなければ」という思いは、人生のいろいろな場面で思うことがある。今を後悔しているわけでなく、過去に別な選択をしていたら、今はどうなっただろうかという思いだ。人生は、そういう選択の連続で作られているのか… 続きを読む »

富士山と月の朝風景

投稿者: | 2014年10月10日

お月様が、富士山の上の方に見えていた。ちょっと幻想的な風景に見えた。一昨日の皆既月食は見られなかったけれど、早朝のこういう風景は、とても良い感じである。 昨日の曇り空から一転して、今日は秋晴れの空が期待できそうだ。雲も結… 続きを読む »

朝焼けと高い空

投稿者: | 2014年10月8日

空気がすっかり秋めいてきた。台風が連れて来た温かく湿った空気はどこかへ隠れてしまい、朝晩はヒンヤリとした空気に包まれ、昼間も陽射しが心地良く感じるようになった。 西の空には比較的厚い雲があり、東の空は晴れ渡っていて高い雲… 続きを読む »

『青い約束』田村優之

投稿者: | 2014年10月7日

知らなかった作家の良い作品に出会う喜びは、読書の楽しみのひとつだ。著者の名前も知らなかったし、この本の存在自体も知らなかった。本屋さんに平積みされているのを、数カ所で見つけて、ずっと気になっていた本だった。 『青い約束』… 続きを読む »