月別アーカイブ: 2014年6月

『学校では教えてくれないお金の授業』山崎元

投稿者: | 2014年6月25日

『学校では教えてくれないお金の授業』は、投資に限らずお金に関する実用的な知識全般に関する本です。株式投資や投資信託、債券など資産運用に関する知識だけでなく、住宅やマイカーなど大きな物の購入や銀行などとの付き合い方まで、お… 続きを読む »

久々に本を複数買い

投稿者: | 2014年6月20日

昨日の帰り、本屋さんに立ち寄り、久々に複数の本を買って来ました。『学校では教えてくれないお金の授業』と『minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ』です。全然種類の違う2冊です。 本屋さんは、僕にとってプ… 続きを読む »

『漁港の肉子ちゃん』西加奈子

投稿者: | 2014年6月19日

カバーのイラストが印象的な文庫本だと思ったら、イラストも西加奈子さん作でした。 本を買う場合、好きな作家の本だからという場合と、初めて読むのだけど何故かとても気になって買っている場合があります。後者の場合は、本の装丁その… 続きを読む »

『「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本』釘山健一

投稿者: | 2014年6月16日

『「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本』は、議長が仕切る会議ではなく、主催者、事務局と協力しつつ会議を円滑に進めて行くファシリテーターによる会議について書かれた本です。つまり、ファシリテーターの果たすべき… 続きを読む »

ひさびさの、晴れっ!

投稿者: | 2014年6月13日

いつもより、少しだけ遅く起きた朝。いつもの散歩は、定刻にスタートしました。 今週はいろいろ盛り沢山で、疲れがたまっていたせいか、今朝は少しだけ寝坊でした。 今日も盛り沢山なんだけど、今日が終われば、明日からお休みというこ… 続きを読む »

青い朝

投稿者: | 2014年6月9日

昨日は雨上がりの朝になった。晴れ間が見えた朝は、たまたまかも知れないけれど、富士山が綺麗に見えていました。 一日を通しても、晴れ間が見えたのは短い時間、早朝と夕方以降だけだった。あとはいつ降り出してもおかしくないような、… 続きを読む »

『タルト・タタンの夢』近藤史恵

投稿者: | 2014年6月7日

ビストロ・パ・マルという小さなフレンチレストランを舞台とした、ミステリー短編集。ビストロ・パ・マルは、カウンター七席、テーブル五つの下町のこぢんまりとしたレストランです。シェフは三舟さん、スーシェフは志村洋二、ソムリエの… 続きを読む »

『たった1日で人生を300倍面白くする方法』小川仁志

投稿者: | 2014年6月6日

考え方ひとつで、人生を面白くすることができる、そんな主張がタイトルを見ただけでわかる本です。黄色い本ということで、本屋さんで目を引かれ、タイトルを見て読まずにいられない気持ちになりました。何と言っても、たった1日で人生が… 続きを読む »

湿気たっぷりの朝

投稿者: | 2014年6月4日

今朝もいつもの散歩道を歩いた。薄曇りのような、或いは湿気が空を覆っているような、ぼんやりとしたお天気だった。太陽は元気が無さそうだけど、十分に蒸し暑い朝だった。 このところの愛犬ふぅちゃんとの朝の散歩は、午前5時過ぎから… 続きを読む »

『花の鎖』湊かなえ

投稿者: | 2014年6月3日

湊かなえさん作品は、この『花の鎖』で2冊目です。デビュー作の『告白』は、本屋さんで良く見かけていたものの、結局読んだことが無くて、先日『贖罪』を初めて読んだ程度です。2作品読んでみて、もう少し読んでみたいかなというのが、… 続きを読む »

朝の散歩のことなど

投稿者: | 2014年6月2日

小出川は、相模川水系の一級河川で、相模川河口付近に流れ込む川です。最近の朝の散歩では、ちょっと遠出しようかなと思った時、平日ではなく休日が多いのですが、小出川まで行って野鳥を探したりしています。 5月中旬頃までは、チドリ… 続きを読む »

6月に読みたい本

投稿者: | 2014年6月1日

今月読みたい本は、次の10冊です。半分は先月読みたい本にリストアップしていた本です。その本を優先して読み進めたいと思っています。 『怒り(上)』 吉田修一 『怒り(下)』 吉田修一 『ミッドナイト・バス』 伊吹有喜 『「… 続きを読む »

5月に読んだ本

投稿者: | 2014年6月1日

是が非でも月に10冊読もうとか、読書量を確保しようとか、そうではなくて読書を楽しんだり、自分自身の糧にしたりということを意識するようにしました。そういう考えになった途端に、読書量はかなり減ってしまったのです。一日のノルマ… 続きを読む »