恒例の”本の買い出し”は控えめに

投稿者: | 2014年5月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎年3月、5月、9月、11月にあるルミネカード10%オフセールですが、今月はこの時期だったので、行って来ました。

と言っても、ルミネは若い女性向けのお店ばかりです。僕がこの機会を待っているのは、本をまとめ買いするためなのです。ルミネで触手が伸びそうなのは、本と文具くらいなのです。

今回はちょっと控えめな感じの、本の買い出しです。いつもだと10冊以上買って、宅配をお願いするのですが、今回は8冊でしかも半分は文庫本だったので、持って帰りました。

新刊本は村上春樹さんと原田マハさんの本2冊です。ビジネス書をもっと買おうかなと思っていたのですが、欲しかった本が無かったので、2冊だけになってしまいました。文庫本は奥さんが選んだものが2冊、僕が選んだのが2冊ですが、全部読みたい本です。

今読んでいる本も含めて、本のストックは24冊です。これに8冊を足すと、合計で32冊です。積読本をとことん減らすことが、今の目標ですが、次の本の買い出しは9月になるので、それまでには積読本は無くなりそうです。

今日買った本のリストを載せておきます。

  1. 太陽の棘』 原田マハ
  2. 女のいない男たち』 村上春樹
  3. 「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本』 釘山健一
  4. ブレイクスルー!』 ジャネット・アットウッド/クリス・アットウッド
  5. 世界堂書店』 米澤穂信 編
  6. 純平、考え直せ』 奥田英朗
  7. 星間商事株式会社社史編纂室』 三浦しをん
  8. タルト・タタンの夢』 近藤史恵

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.