これからの読書について

投稿者: | 2014年5月11日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

読書のペースがちょっと落ちている。月間で十数冊だったものが10冊かそれ未満になっている。

読書量が減ったのは、休日に本を読まなくなっていることが大きいと思う。休日に読書をする習慣ができていないせいだろう。或いはこのところ続きが読みたくて仕方がなくなる本に出会えていないこともある。読みたい本を読みたい時に読めば良いと思うこともある。

読書のスタイルについて、ちょっと変えてみたいと出版社が出している雑誌を読みたいと思ったのは、1年くらい前のことだ。毎月届くこのポプラ社の『asta』という雑誌がそのひとつ。電子書籍として無料で手に入る『本の旅人』もダウンロードしたけど、全然読んでいない。こういう雑誌も読書習慣の中に取り込めたら、読書ライフは充実するんじゃないか。

気紛れに何でも読むというのは、理想の読書ライフからはかけ離れている気がするから、本はテーマを持って読み、雑誌も読めるような読書習慣を定着させたい。まだまだ漠然としているが、これが今のところの「これからの読書」なのだろう。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください