日別アーカイブ: 2014年5月15日

『愛に乱暴』吉田修一

投稿者: | 2014年5月15日

表現の仕様が無い読後感と言うのが、読み終えた後の感想だ。妻と夫、姑など、それぞれがそれぞれの理屈で正しいと思っているが、相手にしてみれば自分勝手に過ぎない。『愛に乱暴』は、そんな我がそれぞれに見えて、人間の嫌な部分ばかり… 続きを読む »