『モノが少ないと快適に働ける』土橋正

投稿者: | 2014年4月10日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

著者の土橋正さんは、これまで沢山の文具に関する本を書かれている方です。今回の『モノが少ないと快適に働ける』は、どちらかと言うと整理術に関する本なのですが、当然のことのように文具の活用法も書かれています。

文具と言うと実に沢山の種類があり、あれもこれも欲しくなってしまうのですが、必要最低限に絞られたお気に入りの文具は、とても魅力的です。いろんな文具を使った後で辿り着いた境地、そんな感じがします。

この本は、紙の流れ、デスク環境、時間管理、プライベートライフに関するミニマリズム的整理術の本と言うのが良いと思います。僕が特に気になって、自分でも実践してみたいと思ったのは、次のとおりです。本の流れをつくる過程の読書ノート、プライベートタイムにメモを取るためのノート、一人の時間をつくることなどです。時間管理に関しても、とても興味がありますが、これは自分なりの方法を見つける方が良さそうです。

最後の方にあった「読書は1冊ずつ」ということにも同感しました。積読本を持たず、読み終えたら本屋さんで一番読みたい本を1冊買って読む。そろそろ読み方を変えてみたいと思ってましたから、やってみようかなと思ってます。
(33冊目/2014年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.