『小暮写眞館(下)』宮部みゆき

投稿者: | 2014年3月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっと『小暮写眞館(下)』を読み終えました。いろいろな面で、とても忙しい1週間だったこともあり、読了まで時間がかかってしまいました。

文庫本にして約1,000ページ、第一話から第四話に分かれている長編です。一番良かったと思うのは、やはり第四話です。英一とその家族、それぞれが封印した過去だとか、一番の盛り上がりを見せるのが第四話だと思いました。それぞれの話も、人の思いが写真に写るという話だったりして、要するに人の心にある思いというものが描かれていた気がします。

重たくない、犯罪小説でもない、現代ものという宮部みゆき作品にしては珍しい作品のようです。この本を初宮部みゆき作品として読んだのが、良かったのか、悪かったのか、さてどうなんだろうと思いました。
(28冊目/2014年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.