3月に読みたい本

投稿者: | 2014年2月28日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日で2月も終わり。月末恒例になっているけれど、翌月に読みたい本を選んでみた。

  1. 空の拳』 角田光代
  2. 路(ルウ)』 吉田修一
  3. フロム・ミー・トゥ・ユー』 小路幸也
  4. THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』 ミシマ社編
  5. オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ』 小路幸也
  6. レディ・マドンナ』 小路幸也
  7. 小暮写眞館(上)』 宮部みゆき
  8. 小暮写眞館(下)』 宮部みゆき
  9. 星がひとつほしいとの祈り』 原田マハ
  10. 回転木馬のデッド・ヒート』 村上春樹

一時期は、積読本になっていた小説やエッセイの単行本が、ずらっと並んでいた本棚だった。それが現時点では写真の3冊のみとなってしまって、ちょっと淋しい気がする。

でも、本来は単行本は出版されたばかりのものを、タイムリーに読みたいので、今の状態がちょうど良い状態だ。積読本全体でせいぜい10冊前後の状態にしておきたいから、積読本減らしにはもう少し時間がかかる。最短でも5月頃になってしまうだろう。

来月は残り少ない単行本を読破すること、それから「東京バンドワゴン」シリーズを読破すること、これを主な目標にしたい。あとは、ここで選んだ10冊以外にもう5冊読めたらいいなと思う。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.