『誰でもできる!「睡眠の法則」超活用法』菅原洋平

投稿者: | 2013年12月11日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則』に引き続き、実践編という位置づけの『誰でもできる! 「睡眠の法則」超活用法』を読んでみました。

基本となっているのは、朝昼夕3つのこと「4−6−11の法則」です。「起床から4時間以内に光を見て、6時間後に目を閉じ、11時間後に姿勢を良くする」ことです。成長ホルモン、メラトニン、コルチゾールという3つのホルモンを調整することによって、睡眠の質が良くなります。睡眠の質を上げるために、簡単にできる3つのことが、「4−6−11の法則」なのです。

興味深かったのは、「脳が成長する3つのセオリー」です。エラーレス・ラーニング、スモールステップ、自己組織化が実行されると、やりたいと思っていたことは習慣化されるというのです。読んでいてなるほどと思う内容でした。興味がある方は、ぜひ読んでみて下さい。
(116冊目/2013年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.