『「考える力」をつける本』轡田隆史

投稿者: | 2013年12月2日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「考える力」をつける本』は、3部構成になっている。「考える力」をつけるための第一歩、「考える力」と「表現する力」を磨く法、そして「発想の豊かさ」はここから生まれる!である。

「考える力」をつけるための第一歩は、知的生活術や新聞の読み方、読書法、メモの作法や辞書と索引についてなどの内容だ。次の「考える力」と「表現する力」を磨く法については、考えるきかっけ、書くこと、情報の選択、議論の方法などである。このあたりから、少々読みにくさを感じていたのだけど、まだまだ興味深く読んでいた。ラストの「発想の豊かさ」のパートは、本の流れとして違和感を感じていたのか、無理して読んだ感じだ。

とりあえず、先月から読んでいた本だけど、何とか今日読み終えたので、読書メーターへの登録も忘れないでしておきたい。
(112冊目/2013年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.