『死神の浮力』伊坂幸太郎

投稿者: | 2013年12月30日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊坂幸太郎さんの小説と言うと、前半は物語の流れを理解しようとしてやや難解なイメージがあり、後半は展開が早まると同時に物語にのめり込んで、一気に読み終える、そんな感じがある。そしてラストは、タイトルの意味と、伊坂幸太郎さんらしい落ちが、期待どおりにやってくる。

死神の浮力』もそういう期待を裏切らない作品である。タイトルの意味、そして落ちともに、「そうそうこれ!」と思えるものになっていて、納得してしまう。

もうひとつ、死神シリーズの面白さは、死神である千葉さんのとぼけた面白さが特徴である。こういうキャラクターは、このシリーズに限ったわけではなくて、どこか共通点がある気がするけれど、特にとぼけているのは、この死神シリーズのような気がする。

さて、次の作品はどんな作品なんだろう。最新作を読んでしまったので、楽しみがなくなってしまったのが、残念。
(122冊目/2013年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.