整理の対象

投稿者: | 2013年10月24日

身の回りを、極めて第三者的に、冷静に眺めてみると、やはり物が溢れている。

ペン立てにぎっしりと、厳冬の南極に住むペンギンのように、身を寄せ合っている沢山のペンがある。極端に言えば、万年筆は1本あれば良いわけだし、ボールペンも必要なものは少ないだろう。多色複合的なボールペンだったら、1本で良い筈が、実に沢山ある。

机の上には、季節的に必要がなくなったUSBファンがあり、充電の終わったデジカメの電池、滅多に使わない鉛筆削り、iPadとiPad mini、そしてケーブル、整理できていない郵便物、ひとつで良いのに複数あるメモ帳、実にいろいろある。

抽斗を開けると、さらに多くの文房具類が、ぎっしりと詰まっていて、一番下の大きな抽斗には、滅多に使わないノート類やクリアファイルなどが引っ張り出せないくらい詰め込まれている。

背面にある本棚には、積読本が沢山あり、読み終えた本もまだまだ沢山ある。本以外のものが、いろいろ、置き場が無くて本棚にある。前面の飾り棚にも、物は溢れている。使わないままのノートコレクション、聴かなくなったCDとか、万年筆のボトルインクも複数あるが、頻繁に使うのは限られているものだけだ。低いバージョンのソフトウェアも、そのままになっている。

クローゼットの中にも、滅多に着ない洋服が沢山ある。整理ダンスも同じである

そして、まだまだちょこちょこと収納用品があり、その中には物が詰まっている。

こんなに溢れかえった物を、整理しよう、整理しようと思いつつ、それができないままで居る。何だか、雁字搦めになって、身動きが取れなくなったような、苦しさを感じてしまう。

だから、やっぱり整理は必要だと思う。物減らしという意味で。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

整理の対象」への2件のフィードバック

  1. 小夏

    整理!私にとっても永遠のテーマです。
    欲しいなーと思ってモノを購入するのは、
    モノそのものが持っている雰囲気やイメージ、情報を自分に取り込みたい!
    という心理もあるらしいですが、あれこれ求めて部屋が混沌としてきちゃうと、
    本当にがんじがらめ、、、
    私は、考えているばっかりで、行動が伴ってないのが難点なのです。

  2. 春風裕 投稿作成者

    物が増えると居心地が悪くなって、減らす方向へ進むのですが、そのうちにまた増やしてみたり、行ったり来たりみたいな感じです。実行力が伴わない悩みは、僕も同じです。(^_^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.