『羊をめぐる冒険(上)』村上春樹

投稿者: | 2013年10月25日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

村上春樹作品を初期から順に読破しようと思っている。この『羊をめぐる冒険』は3作目である。既に読んだのは、4作ある。

僕にとって村上春樹作品は、難解な部類に入る。何故なんだろうか。きっとその世界観について行けないからだろう。或いは、予想以上に展開が遅いせいもあるだろうか。

この作品は、鼠から届いた一通の手紙から、北海道へある羊を探しに行く物語である。他の作家が書いたら、冒険は早々に始まっているのではないかと思うが、この上巻の終わりに、やっと冒険に出発する。下巻が冒険物語の中心になるようだ。こういうところで、ぐっと我慢させられる。

実は過去村上春樹作品をいくつか読もうとしたのだけど、ここまで読み進めることができないで、途中で挫折して読めなくなっていた。最近になって忍耐力がついたのか、我慢できるようになった。僕がせっかちなせいもあるし、物語の展開が予想以上に遅いこともあるだろう。

さて、この後の展開はどうなんだろう。期待しつつ、用心しつつ、下巻へ進めることにしたい。
(101冊目/2013年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.