鎌倉二階堂の鎌倉宮と瑞泉寺を歩く

投稿者: | 2013年5月13日

0513-1

今年の鎌倉散策は、いつもの年と違って回数も少ないし、行き先も限定されていた。昨年末からの父の病気で、故郷との間を行ったり来たりしてばたばたしたことが、一番の理由だと思う。

今年初詣に鎌倉宮に出掛けたのは、1月27日のことだった。父の病が治ることをお願いしに行ったのだ。今年2回目も、鎌倉宮だった。3月16日のことだ。父がやっと退院できて、ほっと一息つくことができお礼参りに出掛けたのだ。

花を見に行ったり、お詣り以外の目的で鎌倉を歩いたのが、3月23日のこと。それ以降3月30日、5月5日と出掛けて、今年はまだ5回しか鎌倉を歩いていない。そして今回が今年6回目の鎌倉。何やら奥さんはまた、鎌倉宮にお詣りに行きたいと言い出したので、二階堂を歩くことにした。

まずはランチからスタートしようとしたのだけど、お店の開店時間にはまだ早かったので、久々に鶴岡八幡宮を歩いた。何よりも、この時期は新緑が美しい時期。

0513-2

ランチは出掛ける前に行こうと決めていたお店へ。初めてのお店だったけど、これが大ヒットだった。美味しいイタリアンを堪能できたので、奥さんは夜も来てみたいとのことだった。

美味しいものでお腹がいっぱいになって、鎌倉宮へ向かう道をゆったりと歩いた。源頼朝の墓がある辺りと鎌倉幕府跡(清泉小学校)辺りの、桜並木の新緑がとても綺麗だった。

0513-3

鎌倉宮の本殿を囲む緑も美しく、歩いているだけで心が癒される感じだった。

平日で人は少なかったのだけど、ちょうどお年寄りの団体が到着したところだったので、お詣りは拝殿前が空くまで待つことにした。人があまり移っていない参道の写真が撮れるのも、平日に鎌倉を歩くメリットかも知れない。

0513-4

鎌倉宮から更に足を延ばして、瑞泉寺を歩いた。この時期はこれと言う花は見当たらないけれど、新緑を眺めているだけで満足できる。二階堂の谷戸の一番奥にあるこのお寺は、山に囲まれていて、ひっそりとした佇まいが良い。

実は平日だから人出は少ないだろうと思っていたのだけど、鎌倉駅周辺の人出は思ったより多かった。ただそれも鎌倉の中で人出の多い小町通りや鶴岡八幡宮、そして多分長谷寺だとか鎌倉大仏だけの話であって、二階堂の奥にある瑞泉寺までやって来ると、ひっそりとしているのだ。

人出が多かったゴールデンウィークも、きっとこの辺りだとそこそこ多いかも知れないと思うくらいだったと思う。人出の多い有名な寺社を外せば、休日でもゆったりと散策できる場所が沢山ある。

0513-5

 

瑞泉寺境内に咲き始めのヤマアジサイを見つけた。普通のアジサイより早く咲き始めるヤマアジサイの季節は、もうすぐだ。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください