歳々年々 人不同

投稿者: | 2013年5月31日

0531-3

今日は、記念すべき日。帰宅した頃には、とても綺麗な夕焼け空が見え、何だか祝福されているかのような気分になりました。

31年と2か月勤めてきた会社を本日付で退職したのです。定年というわけではないですが、よくある後進に道を譲るみたいな感じの退職で、来月からは別な会社に行くことになっています。

0531-6

今日は午後から半日のお休みをいただき、奥さんと横浜で待ち合わせて、お疲れさん会をしました。

どこに行くかは決めていなくて、スカイビルのレストラン街へ行き、結局焼き肉屋さんに入りました。午後3時頃のことですが、遅い昼食兼早い夕食になりました。昼間から中ジョッキを2杯と焼酎の水割だったかをもう1杯飲んで、すっかり酔っ払ってしまいました。

締めを何にするか迷って、冷麺よりはラーメンが良いということになり、地下街にある一風堂でラーメンを食べ小さい替え玉まで注文してしまいました。

0531-4

帰宅後は、長時間お留守番をさせていた愛犬ふぅちゃんを連れ、散歩に出掛けました。

梅雨入りしたのに、今日はとても良いお天気で、富士山の影まで見えていました。夕暮れ時の空気は、少しひんやりして、いい気持ちでした。

0531-5

午後2時頃荷物を片づけて、会社のセキュリティゲートを出て、社員証を返して外に出ました。

その時、何だかとても身軽になった気がしました。肩にかかった重い何かが、空へ向けてふわふわと昇って行き、軽くなった気がしたのです。

これからは、肩の力を抜いたままで行こう、そう思いました。どんなのが僕自身なのか、それは未だにわかっていませんが、僕自身、自然のままで居られるような、そんな生き方をしようと思いました。

もちろんこれまでも同じ気持ちだったのですが、もしかすると長い間に少しずつ肩に力が入り、どんどん重りが増えて行っていたのかも知れません。

そんなわけで、まったく感傷的にはなってなくて、軽い気持ちになり、ひとつの時代が過ぎて行った気がしました。

それから、また新しい時が流れて行くのです。

 


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください