株式会社ネバーラ北関東支社

投稿者: | 2013年5月7日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何となくタイトルや装丁に惹かれて買った本です。買う前に書評をチェックしたわけでもなく、瀧羽麻子さんという著者のことを知っているわけもなく、「良さそうだな」と思って買った本です。こんな出会いは、結構頻繁にある気がします。

実にほっこりとする良い小説でした。『株式会社ネバーラ北関東支社』には、中編の「株式会社ネバーラ北関東支社」と短編の「はるのうららの」の2作品が収録されています。「株式会社ネバーラ北関東支社」が、実にほっこりとする良い小説だったわけです。「はるのうららの」方は良く分かりませんでした。

東京の大手企業で働いていた女性が、激務と失恋に疲弊して、とある北関東の小さな町の企業に転職します。ネバーラという会社の北関東支社で働く人達や行きつけの居酒屋のおかみさんに囲まれて、徐々に疲れを癒して行くという物語です。大都会から田舎町へ行って、自然に癒されるのではなく、人に癒される感じです。特別な人達じゃないのですが、何となくいいなと思える人達です。物語自体も、何となくいいなと思っていたら、いい終わり方をして、ほっこりとする読後感だったというわけです。
(23冊目/2013年度)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.