その時までサヨナラ

投稿者: | 2013年5月2日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山田悠介さんの本は、この本が初めてです。ずっと前から、本屋さんではいろいろな本を目にしてきた気はしました。名前は頭に入っていたのですが、これまで読んだことが無かったのは、きっと怖い話が多いからだろうと思います。この『その時までサヨナラ』を見かけた時には、何故か読んでみたいと思いました。ある意味怖い話かも知れませんが、そういうテイストの作品ではありませんでした。本屋さんで見かけて、そういう匂いを感じたからかも知れません。本の帯に書かれていることから、そう思ったのかも知れません。

実際に読んでみて、まずまず面白い小説だったと思います。最初から次へ次へと読み進めたくなる感じで、そこそこのボリュームの本なのですが、割と早く読み終えました。どういう展開をして行くのかを知りたくて、ページを捲って行った感じでした。レビューを見ると、賛否両論あるみたいですが、僕の場合は面白い本だと思いました。若干浅くて物足りなさは感じましたが、そういうところが読みやすさに繋がっているとしたら、決して悪くないと思います。

僕の場合は気に入った作家の本を沢山読むことが多いですが、たまには初めて読む作家の本も良いものだと思います。そういう1冊がこの本だったのかなと思います。
(18冊目/2013年度)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください