月別アーカイブ: 2013年5月

歳々年々 人不同

投稿者: | 2013年5月31日

今日は、記念すべき日。帰宅した頃には、とても綺麗な夕焼け空が見え、何だか祝福されているかのような気分になりました。 31年と2か月勤めてきた会社を本日付で退職したのです。定年というわけではないですが、よくある後進に道を譲… 続きを読む »

雨の季節の朝に

投稿者: | 2013年5月31日

関東地方の梅雨入りは5月29日頃と、平年よりも1週間以上早く雨の季節に入りました。 我が家の近くにあるアジサイは、もっと早々と花を咲かせていましたが、雨の季節になって生き生きしてきた気がします。鎌倉のあじさい寺も、こんな… 続きを読む »

スタンド・バイ・ミー〜東京バンドワゴン

投稿者: | 2013年5月22日

小路幸也さんの東京バンドワゴンシリーズ、第三作目。春夏秋冬、それぞれひとつの話の4話構成になっている。順番はそれぞれの作品で違っていて、今回は秋から始まり夏で終わる。カフェ併設の古本屋「東京バンドワゴン」に住む大家族の物… 続きを読む »

5月に買った本

投稿者: | 2013年5月22日

今月末で一区切りつくこともあり、5月11日(土)から19日(日)まで、ゴールデンウィークに続き長期休暇をいただきました。 最初は本も沢山読もうと思っていたのですが、いろいろな用事をひとつずつ済ませたり、のんびり過ごしたり… 続きを読む »

久々の円覚寺

投稿者: | 2013年5月14日

鎌倉のお寺や神社の中で、一番好きなのが北鎌倉の円覚寺。境内が広くゆったりとしているところだとか、四季折々の花が咲くとか、そういう理由だと、他のお寺でも当てはまりそうだ。やっぱり、理屈ではなく、このお寺の境内の空気が良いの… 続きを読む »

鎌倉二階堂の鎌倉宮と瑞泉寺を歩く

投稿者: | 2013年5月13日

今年の鎌倉散策は、いつもの年と違って回数も少ないし、行き先も限定されていた。昨年末からの父の病気で、故郷との間を行ったり来たりしてばたばたしたことが、一番の理由だと思う。 今年初詣に鎌倉宮に出掛けたのは、1月27日のこと… 続きを読む »

くもりのち雨の休日

投稿者: | 2013年5月11日

朝の散歩は、今にも降り出しそうな曇り空でしたが、何とか約45分歩けました。夕方は雨で散歩もできないだろうから、頑張って長めの散歩にしました。ふぅちゃんは、帰りたいようでしたけど。 曇り空スタートの休日の始まりです。生暖か… 続きを読む »

1秒もムダにしない人の超シンプル仕事術

投稿者: | 2013年5月9日

いろんなムダを無くして、すっきりとした状態で効率的に仕事をしようという本です。 『1秒もムダにしない人の 超シンプル仕事術』は、9つの章に分かれていて、第2章までが超シンプル仕事術の勧めみたいな内容です。第3章以降は実践… 続きを読む »

修善寺・湯ヶ島の旅

投稿者: | 2013年5月7日

5月1日から1泊2日で、伊豆の修善寺や湯ヶ島を旅して来ました。せっかくだから、写真を何枚かアップしておくことにします。 東海道線と伊豆箱根鉄道を乗り継いで、修善寺駅に到着したのはお昼過ぎ。せっかくだから、修善寺温泉までバ… 続きを読む »

ゴールデンウィークの鎌倉

投稿者: | 2013年5月6日

ゴールデンウィークの鎌倉は人出が多いだろうと思っていたので、2回ほど行けば良いかなと思っていた。ゴールデンウィークも残り2日間になってしまったところで、まだ1回も鎌倉へ行っていないことに気付いた。どうやら人出が多い時期の… 続きを読む »

ビジネスマンのための「実行力」養成講座

投稿者: | 2013年5月5日

実行力とは何か。『ビジネスマンのための「実行力」養成講座』では、「実行力とは結果を出す行動」と定義されています。要するに、やみくもに何かを実行することではないということです。その定義を前提として、実行力のプロセスを「まず… 続きを読む »

世界を、こんなふうに見てごらん

投稿者: | 2013年5月4日

著者の日高敏隆さんは、動物行動学者。これまでも『ネコはどうしてわがままか』や『春の数えかた』を読んでいたので、この本『世界を、こんなふうに見てごらん』を書店で見かけて、迷わず買って来た。想像していた内容よりも、ちょっと難… 続きを読む »

シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン(2)

投稿者: | 2013年5月3日

『東京バンドワゴン』シリーズは、最近出版された『フロム・ミー・トゥ・ユー』で8作目となる。今日読み終えたのは、2作目の『シー・ラブズ・ユー』である。まだ6冊読まなければ追いつけないから、先は長い。 正直なところ1作目の『… 続きを読む »

その時までサヨナラ

投稿者: | 2013年5月2日

山田悠介さんの本は、この本が初めてです。ずっと前から、本屋さんではいろいろな本を目にしてきた気はしました。名前は頭に入っていたのですが、これまで読んだことが無かったのは、きっと怖い話が多いからだろうと思います。この『その… 続きを読む »