お友だちからお願いします

投稿者: | 2013年4月10日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エッセイ集の感想を書くのは、とても難しい。短い文章が沢山あって、題材も身近なものが多く、題材自体に作家の独自性があるわけじゃないと思うから。文章力や表現力は別にして、題材としては素人でも書けるものが多いだろう。もちろん、目の付け所、視点みたいなものが全然違うことはある。

僕が好んでエッセイ集を読む作家、面白いと思った作家は、角田光代、三浦しをん、伊坂幸太郎、万城目学、村上由佳など、今思い付くのはこんなところだ。何となく作家の人柄、カラーみたいなもので選択している気がする。中にはたまたま読んでみたら、とても面白かったみたいな出会いはあったのだけど、小説を何冊か読んで、エッセイも読みたくなるケースが多い。

まだそんなに沢山のエッセイ集を読んだわけじゃない三浦しをんさんだけど、『お友だちからお願いします』はよそゆき仕様である。確かにこれまで読んだエッセイで、妄想しまくりのおバカなエッセイは沢山あったし、あるエッセイ集は苦しくなるくらい三浦しをんさんらしいエッセイ集だった。それに比べると、このエッセイ集は確かにどこか真面目なエッセイ集に見える。でも、やっぱり三浦しをんさんのエッセイなのだと思えるものは、沢山あった。
(7冊目/2013年度)

 


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.