DAILY PLANNER EDITの裏抜けテスト

投稿者: | 2012年12月15日

やってみたかったのですが、新しいページに落書きをしてしまうようで、気が引けていました。でも、やっぱり、試してみたかったので、やってみました。

EDIT裏抜けテスト

自由記入ページの一番最後のページを使って、やってみました。細字や太字はバラバラですが、この前ジブン手帳でやったのと同じ万年筆とボールペンを使いました。

インクの出方が悪くて、ひっかかった部分もありました。丸善のアテナインクがそうでした。

EDIT裏抜けテストの裏面

とても薄い紙なので、透けて見えてしまうのは仕方ありません。インクが滲み出ている様子は全くありませんでした。

これなら気分でどんなペンを使っても大丈夫そうです。

万年筆

極細のパイロット・キャップレスデシモがひっかかる感じはありましたが、万年筆もボールペンも書き味は悪くありませんでした。紙が薄い分、やはり細字の万年筆が良さそうです。インクがたっぷり出る太字だと、裏から見た時にやや気になる感じがします。

筆圧をかけ過ぎないようにすれば、すらすらと書けますので、ペンと紙の相性も良さそうです。

ボールペン

ゼブラのSurariですが、このペンの特性のせいだと思うのですが、書き始めがかすれます。紙との相性ではない気がします。

意外と良さそうだったのが、フリクションボールの0.38mmです。最近出た手帳向けのペンなのですが、良い感じで書けた気がします。やはり細字の印象が良いのかも知れません。

僕の場合は筆圧が高い方なので、あまり筆圧をかけないよう意識すれば良い気がします。

今回はEDITのB6版で試したのですが、B7版は尚更細字のペンが良さそうです。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.