やっぱりEDIT買っちゃいました!

投稿者: | 2012年12月2日

会社用の手帳は、能率手帳クレストに決めたばかりです。ほぼ日手帳を使いたい一心で、来年の読書ノートとして使うことにしました。毎日の日記は3年連用のものを去年買ったばかりで、残り2年あります。moleskineのダイアリーも準備が整っていて、これはプライベート用の1冊にしたいと思ってました。衝動的にジブン手帳というのも買っちゃいました。

手に負えないくらいの手帳や日記帳が既に揃っているのに、やっぱり買っちゃったのです。公式ガイドブックを読んでしまった段階で、こうなることは自分でもわかっていたのです。もったいぶっているわけじゃないですが、そうです。

やっぱりEDITを買ってしまったのです。しかも2種類も。

EDIT & EDIT Lite

B6版のEDITは、カバーによって価格が異なります。2,520円(税込)から12,600円(税込)までの幅があり、中身は同じです。

イタリア製ポリウレタンを使ったSouple(スープル)というカバーのものを買いました。手触りが良くて、一番シンプルなカバーなので、迷わず選びました。カラーはブラックを選びました。

B7版のEDIT Liteは、カバーの種類はなくてSouple(スープル)だけです。色が10色用意されています。こちらの方はマロンブラウンを選びました。どっちもブラックだと面白くないからです。

EDIT & EDIT Lite(裏側)

もしかして12月から使えるようになっていたら、と焦って買いましたが、残念ながらきっちり来年の1月1日からでした。

重要な課題は、この手帳をいったい何に使うかです。B6版は読書ノートに使いたいくらいですが、残念ながら先約有りです。会社でノートとして使うことにしようかなと思っています。会議のメモとか、いろいろなことを自由に記入するノートです。

EDIT

とてもシンプルで整った感じのスタイルが、ノートとして使うにはちょうど良いと思いました。ほぼ日手帳だと、分厚いしカバーが結構ごちゃごちゃした感じです。

こういう感じのノートはありそうです。カバーの素材やサイズが違いますが、moleskineだってシンプルな感じです。デルフォニクスにもこんな感じのノートがあったと思います。ノートとして使うなら、日付は要らない、つまり手帳でなくて良い気もしますが、あった方が良い面もありそうです。

EDIT Lite

実物を手に取ってみなければわかりませんが、このB7版のEDIT Liteはとても良い感じです。持っていただけで、何だかワクワクする、そんな手帳です。

意識したのがスマートフォンサイズらしいですが、片手でしっかり持てるサイズですし、厚さもちょうど良い感じです。実際に使ってみなければわかりませんが、使う前から惚れ込んでしまいそうな手帳です。

実はこれが欲しくてたまらなかったのです。B6版を買ったのは、むしろこちらに引きずられてしまった感じなのです。

GTDのInboxとして使ったらどうだろうと思ったりしていますが、何でも良い気がします。今月いっぱい使い途を考えようかなと思っています。いろいろ考えるだけで、ほんとうにワクワクしてくる手帳です。使いこなせないと、意味はないですが。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.