読書のアプリはいろいろ”BookRemark”

投稿者: | 2012年12月11日

読書に関するアプリは、ほんとうにいろいろあります。それだけ、読んだ本を記録しておきたいのが、読書家の心情なんだろうと思います。自分が読んだ本は記録しておきたいという思いには、合理的な面もあります。一度読んだ本を二度買ってしまうことがたまにあるからです。そういうのを防ぐためのアプリが、”BookRemark”です。

発売日別の画面

とてもシンプルなアプリですが、メニュー左から画面別に見てみましょう。

登録した本で未購入の本については、発売日順にこの画面に表示されます。Toodledoで買いたい本を管理しようと思っていたのですが、このアプリを見てこちらの方がより便利な気がします。本に特化されたアプリだからでしょう。

著者別の画面

この画像を見て、あれ夏川草介さんと瀬尾まいこさんの並びがおかしいし、三浦しをんさんのように五十音が表示されていないことに気付きました。

最初に本を登録する時に、著者名のふりがなを入れておく必要があるようです。同じ著者の2冊目以降は自動的にふりがなが入るみたいです。

著者個別画面

著者を選ぶとこんなふうに表示されます。ステイタスも表示されます。

スマート本棚画面

本のステイタスはこのように分かれていますし、タグの設定も可能です。

既読を選んだ後の画面

既読を選んでみると、こんなふうに出てきます。

既読の本が沢山になったら、著者別の画面を出して探すのが一番かも知れません。

設定画面

発売日や著者別の画面にどのような本を表示するかを設定できます。すべて表示、購入済非表示、未購入非表示の3つです。

ざっと見て、とてもシンプルなところが気に入りました。これまで読んだ本を全て管理しておくと、二度買いを防止できそうです。僕の場合データベースソフトで管理していますが、このアプリだとタイトルなどで検索することによってAmazonにある情報を利用できるのが良いところです。

iPad版のアプリもあるのですが、リアルタイムで同期できないのが難点です。ファイルベースでインポートやエクスポートができるようですから、沢山の情報を入力する場合はiPadを使い、手動で同期させるしかないかなと思います。

同期の機能が追加されたり、ウェブ連携などもできると良いと思います。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.