本屋さんがストレス解消の場!

投稿者: | 2012年12月15日

この前の土日は、急遽帰省することになり、バタバタと飛行機で往復しました。帰って来て翌日の月曜日は、出張で関西地方との往復でした。そんなこともあり、気分的には2週間くらい駆け足で過ごしていた感じです。

金曜日ということで、ほっとしたらぐったり疲れを感じてしまいました。「よし、こういう時にはストレス発散を!」ということで、時間単位の有給休暇をいただいて、東京駅前にある丸善本店に行って来ました。こういう有給休暇の使い方は、とても良いと思います。ちょっとした時間ができて、しかも帰りの時刻をあまり気にしないで、本をゆっくり見られます。

サンタ・マリア・ノヴェッラのシェービングフォームも、新丸ビルで買うことができました。

綺麗になった東京駅

東京駅の駅舎が、ほんとうに綺麗になりました。あちこちで、写真を撮っている人が居ました。当然僕も撮って来たのですが、もっと良いカメラを持って行けば良かったと思いました。急遽行くことにした東京駅なので、仕方ありません。

丸善ではいろいろな本を、ゆったりと見ることができました。自宅に積読本が50冊以上あることを忘れてしまっていたら、あれこれといろんな本を買ってしまいそうな気持ちでした。間違い無く10冊くらいは買っていたと思います。積読本を減らすことが先決ですから、どんどん読もうと、モチベーションは上がりました。

小路幸也『東京公園』&原田マハ『キネマの神様』

本を全く買わないのも、せっかく丸善本店に行った甲斐が無い、ということで文庫本を2冊だけ買って来ました。新刊以外の文庫本なのですが、大きな本屋さんだけにすぐに見つかります。

小路幸也さんの『東京公園』と原田マハさんの『キネマの神様』です。このふたりの作家の本は、きっと来年はかなり読むことになるだろうという気がしています。特に小路幸也さんに関しては、既に出版されている本がかなりの数になるので、月に何冊かのペースで読むと思います。

hontoカード

丸善のレジで勧められたので、ポイントカードも作って来ました。

丸善は文具のポイントカードだけあって、本は無かったと思うのですが、いつの間にかできたみたいです。ジュンク堂や文教堂でも使えるポイントカードのようです。丸善にはたまにしか行かないでしょうが、行った時は必ず買うだろうということで、作りました。さきほどネットで登録したので、ポイントが有効になりました。

東京駅の天井

駅舎の中でも、写真を撮っている人がいます。

もちろん、僕も撮って来ました。絵でもあったら、教会みたいですね。

ちょっとしたストレス発散をして、いつもより少し早めに家路を急ぎました。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.