2013年1月に読みたい本10冊

投稿者: | 2012年12月29日

2013年1月に読みたい本

ちょっと気が早いかも知れませんが、来年1月に読みたい本を10冊リストアップしておきたいと思います。

来年の読書の目標は年間200冊ですが、1か月当たり約17冊が平均です。となると10冊ではかなり少ないことになりますが、とりあえず10冊決めておいて、あとはその時の気分で読む本を決めたり、新しく買った本を読んだりしたいのです。この時期に17冊全部を決めておくと、自由度が無くて困ってしまうからです。

文庫本は積読本としてかなり時間が経っているものを優先しました。それ以外は小路幸也さんと原田マハさんの文庫本ですが、このお二人は毎月何冊か読みたいと思っているので、選びました。単行本はいずれも最近買った本です。

  1. 『猫を抱いて象と泳ぐ』 小川洋子
  2. 『流れ星が消えないうちに』 橋本紡
  3. 『日傘のお兄さん』 豊島ミホ
  4. 『この世は二人組ではできあがらない』 山崎ナオコーラ
  5. 『キネマの神様』 原田マハ
  6. 『空を見上げる古い歌を口ずさむ』 小路幸也
  7. 『がらっと』 山崎拓巳
  8. 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 東野圭吾
  9. 『なでし子物語』 伊吹有喜
  10. 『三匹のおっさんふたたび』 有川浩

 


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.