読書のプロセスを見える化してみる(新刊本)

投稿者: | 2012年12月5日

ふと思いついて、読書のプロセス、つまり読みたい本を探してその本を読んで感想を記録するというプロセスについて、整理してみることにしました。本を見つけるところから、本のレビューを書くまでのプロセスです。

本を探す・見つける

これまでは本屋さんに頻繁に立ち寄ったり、出版社のウェブをいろいろ見たり、読書メーターで知ったり、ブクログの新刊情報を見たりしていました。

これからも同じようなことはするわけですが、ひとつだけ決めておきたいのは、ブクログの新刊情報を日付別でチェックすることです。

それから、ブクログの新刊お知らせメールも活用しています。作家の名前などを登録しておくと、その作家の新刊情報をメールで送ってもらえます。基本的には新刊情報をチェックしていれば良い気はしますが、どうしても見落とすことがあります。

こういうリーフレットも情報源

 

お気に入りの作家を登録

この作家の本は全部読んでみたい、と思ったらバインダーノートに これまで出版された本をリストアップすることにしています。読んだら消し込んで行きますし、新刊が出たら追加します。

作家毎に本をリストアップ

 

本をリストアップする

ブクログで見つけたのですから、本棚に登録しておくのは当然ですが、もうひとつToodledoのタスクに落とし込んでおくことをしたいと思っています。

ToodledoのBookList

ToodledoのiPad版の画面です。BookListというフォルダを作成しておき、タスクをそこに登録しておきます。

タスクの内容に、本のタイトルと著者、出版社を書いておきました。期限は発売日で設定しておくと、出版されてすぐに欲しいものがわかると思ったので、設定しておきました。

 

本を買う

発売日に即買うか、ある程度まとめ買いするかは、気が向くままです。Toodledoを見ると一目瞭然なので、読みたかった本を忘れてしまうこともありません。

買ったらタスクを完了しておくことを、忘れないようにしたいと思います。

 

積読本に登録する

買って来たら読書メーターの積読本に登録しておきます。

ブクログのステイタスも「読みたい本」から「積読」に変更しておきます。

 

本を読む

遅いか早いかは別として、99%くらいの本は読了しています。

 

レビューを書く

現状は3つのレビューを書いています。ひとつはこのブログ、他のふたつは読書メーターと読書ノートです。書く順番は気分次第だったりします。同日に全部書くわけでなく、遅れて書く場合もあります。

とりあえず、順番を次のように決めておきたいと思います。

  1. 読書ノート
  2. 読書メーター(ブクログにもコピー)
  3. ブログ

読書ノート

 

写真を撮り・Instagramに登録する

上のプロセスと同レベルなのですが、iPhoneで本の表紙の写真を撮り、Instagramに登録します。

 

printsgramでシールを作る

ある程度まとまったら、Instagramの写真をまとめて印刷できるprintsgramでシールを作ります。

printsgram

こんな感じです。ある程度まとめるのは、ひとつずつシールにしていたら用紙が勿体ないからです。

このシールは読書ノートの余白に貼っておくことにします。

 


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.