月別アーカイブ: 2012年12月

シルバー川柳

投稿者: | 2012年12月30日

本のタイトルの一部になっている川柳を見ただけで、面白そうだなと思って買ってしまいました。世の中にはこんな短い言葉で、こんなことを表現出来る人が大勢いらっしゃるのだなと感心してしまいます。サラリーマン川柳もそうですが、この… 続きを読む »

鍵のない夢を見る

投稿者: | 2012年12月30日

辻村深月さんの小説を読むのは、『ツナグ』に引き続き、この『鍵のない夢を見る』が2作目です。『ツナグ』については、ミステリアスな内容とストーリー展開の面白さみたいなものがありましたが、この本については主人公の心理描写が中心… 続きを読む »

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?

投稿者: | 2012年12月27日

働いても働いても、まるでラットレースのように一向に前に進めない、しんどい働き方を根本的に変えて行くにはどうしたら良いか、この本はそういう本です。 しんどい働き方になる理由は、給料がどうやって決まっているかという資本主義経… 続きを読む »

集英社の読書情報誌「青春と読書」の見本誌が届きました。

投稿者: | 2012年12月27日

先日チェックしてみた出版社のPR誌(出版社のPR誌をチェック!)ですが、集英社の「青春と読書」のサイトに「見本誌200名プレゼント」という企画があったので、応募していました。そしたら、昨日見本誌が届きました。 1冊90円… 続きを読む »

旅猫リポート

投稿者: | 2012年12月26日

この本をまだ読んでいない方のために、あらすじには触れないようにする。昨日から約2日間かけて読んだのだけど、何だか1日で一気に読んだみたいな鮮明な印象がある。この本、『旅猫リポート』はそういう本だ。 動物が人間の感情を理解… 続きを読む »

博文館 3 YEAR DIARY A5 のカウントダウン

投稿者: | 2012年12月26日

今年も残すところ、あと6日間になった。特別な思いはあまり無いけれど、この時期になるとカウントダウンしたくなってくる。 去年の今頃買った「博文館横線3年連用日記A5」の最初の1年も終わりに近づいています。結構まとめて書いた… 続きを読む »

朝焼けの冬空

投稿者: | 2012年12月25日

午前6時過ぎの空です。東の空が紅に染まっていて、とても綺麗でした。澄み渡っている空です。 最近は夜明けの時刻とともに、散歩の時刻も遅くなってしまったので、朝撮った写真をすぐにアップする時間がありません。 これから少しずつ… 続きを読む »

朝陽に映える富士山とコタツ犬

投稿者: | 2012年12月25日

久々に小出川の方まで足を延ばして、引き返して来た辺りで富士山の写真を撮って来ました。 もう少し何も無い方が良いのですが、田園地帯であると同時に住宅地も多いので、こんなふうな景色しか見えません。それにしても、朝の空も、富士… 続きを読む »

クリスマスプレゼントは靴下には入らない。

投稿者: | 2012年12月25日

朝目が覚めたら、僕の机の上には、靴下には入り切れないほどのクリスマスプレゼントが、積み重ねられていました。 (ということにしておこう。) そうだ、今日はクリスマス。日本では前夜の方が大事にされるのですが、今日こそが本番な… 続きを読む »

カンガルー日和

投稿者: | 2012年12月24日

『カンガルー日和』は、10頁前後のとても短い短編小説が17編と、50頁弱の「図書館奇譚」という短編小説が収録された本です。1981年から1983年に書店の店頭には並ばない小さな雑誌のために連載されたものです。 一種独特の… 続きを読む »

雑誌『一個人』別冊BUNGO(文豪)

投稿者: | 2012年12月23日

先日買った『ダ・ヴィンチ』もそうだったのですが、この時期になると今年出版された本のベスト10みたいな記事が多くなります。そういう雑誌の特集記事を見ると、読み損ねた本が無いかチェックしたくなりますし、自分が読んだ本がどのく… 続きを読む »

ピース

投稿者: | 2012年12月23日

今朝読み終えた『ピース』をいつ頃買ったんだったけと、記憶を遡っても全然覚えていません。1年くらい前のルミネの10%オフの日にまとめ買いした本だと思うので、ブログを遡って調べてみました。ありました。2011年9月23日に買… 続きを読む »

のんびりの休日に

投稿者: | 2012年12月22日

冷たい雨が降る休日になりました。 先程愛犬ふぅちゃんと散歩に出掛けたのですが、ところどころに水たまりができていて、割と強い雨だったんだなって思いました。早朝は雨音が聞こえるほどの雨じゃなかったので、お昼前の強い雨で水たま… 続きを読む »