「ジブン手帳2013」の裏抜けテスト

投稿者: | 2012年11月24日

先日かなりの盛り上がる気持ちで、見つけて即購入した「ジブン手帳2013」ですが、試しに使ってみて万年筆の裏抜けが気になったので、いろいろテストしてみました。

「裏抜け」というのは、万年筆などのインクが紙の裏側までしみ込んでしまう現象です。

「ジブン手帳2013」裏抜けテスト結果

結果は、こんな感じです。万年筆のインクは、裏抜けしています。丸善のアテナインクが少ない気がします。

僕の筆圧が高いせいもあると思われますし、人によってはあまり気にならない方もいると思いますが、僕としては非常に気になりました。

この手帳はボールペンで書くのが良いようです。

「ほぼ日手帳 ノートブック」裏抜けテスト

「ジブン手帳2013」と同じ種類のトモエリバーを使っている「ほぼ日手帳」でも試してみました。手帳本体ではなく、去年買ったノートブックで試してみました。

主な万年筆で試してみたのですが、裏側を見ると問題なしだったので、全部は試していません。インクによっては、相性の悪いものがあるかも知れません。実際にインクによって全然違う紙もあったりしますので、この結果が全てと言うことではないです。

ちなみに「ジブン手帳2013」には3つの冊子があり、「LIFE」については少し厚いせいかパイロット黒だけ試しましたが、ほとんど裏抜けしません。ダイアリーの冊子と「IDEA」については、ほぼ同質の紙のようで、パイロット黒では裏抜けします。

「ほぼ日手帳 ノートブック」裏抜けテスト結果

ご覧のとおりです。僕としては、ほとんど気になりません。

感じ方は人それぞれなので、これでも気になる方がいらっしゃるかも知れませんし、実物ではなく写真という点もあります。このことで、手帳として「ほぼ日手帳」の方が優れているということを言いたいわけではないですから、誤解の無いようにお願いします。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください