小さくなったiPad、薄くなったiMac

投稿者: | 2012年10月24日

New iMac

アップルのiPad mini発表イベントを見た、と言うよりも聴いたと言った方が良いかも知れない。とりあえず途中で会場からの映像か音声が途切れてしまうのか、時々同時通訳も途切れるストリーミングを聴きながら、頻繁に更新されるサイトを見て、アップルの新しい製品をチェックしました。

注目のiPad miniはほとんど噂どおり。通信事業者としてauが参入するという噂も、事実だったみたいです。どういう料金プランになるかは、iPhone5と同じで後日発表ということになっているようです。Wi-Fi + Cellularモデルの発売が11月下旬なので、しばらく発表されないのではないかと思われます。

他の製品についても噂どおりで、iPadのRetinaディスプレイモデルもアップデートされ、コネクタも新しくなりました。MacBook Proの13 inch Retinaディスプレイモデルも出ました。15 inchモデルよりも価格が割安感がある気がしましたが、ついでに15 inchモデルも下げてほしかったと思います。Mac miniも新しくなりました。

何よりも気になったのは、薄くなったiMacです。このところ多分2009年頃から外観は全く変わっていなかった気がしますが、今回はちょっと進化した感じです。この前壊れて修理したばかりなので、すぐに買い替えるわけにはいかないですが、そのうち新しいiMacに買い替えたいと思ったくらいです。デザイン的には変わっていますが、性能はあまり変わっていない気がします。いよいよCDやDVDを利用できるSuperDriveが無くなって、SDXCカードスロットが追加されました。

iTunesからダウンロードした音楽は、CDに焼いてミニコンポで聴いたりしているので、SuperDriveが無い環境になると、ミニコンポなどをAir Play対応にするとか、いろいろ変えて行く必要があります。ただ、いろいろと変わって行き、無くなってしまうものがある点は、悪くないと思っています。

変わることについては、ある程度そういうハードルは付きものなのです。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.