iMacを復元する。(その1)

投稿者: | 2012年10月20日

iWork’09とiMac Applications install DVD

修理を終えて帰ってきたiMacですが、アプリケーションの復元を進めなくてはなりません。帰ってきた状態では、なぜかiPhotoは入っていたのですが、他のアプリケーションが見当たりません。

AppStoreを立ち上げて、iPhotoやiMovieなどを受け取ることを試みましたが、なぜか受け取れません。iPhotoは入っていたので、アップデートを試みたら、「ほかのアカウントで使用可能なアップデートがあります」というメッセージが出て、アップデートできません。

ネットで調べたら、Spotlightを使ってインデックスし直す方法が載っていました。さっそくやってみたんですが、全然効果がありません。もう一度OSからインストールしてみることにしました。この前作っておいたMountain Lionのインストールディスクが、役に立ちました。決して無駄な時間を費やしていただけじゃなかったみたいです。

インストールディスクが無くても、ネットからOSを再インストールすることは可能ですが、やはりかなり遅くなってしまいます。その点USBメモリで作ったインストールディスクだと、嘘みたいに早くインストールができました。

続けてiWork ’09とiMacに付いていた”iMac Applications install DVD”から、必要最低限のアプリケーションをインストールして、AppStoreアップデートを確認しました。

AppStoreのアップデート

するとこんな画面が出て、無事アップデートできました。最初にインストールしたディスクからインストールして、アップデートをすると、変なメッセージは出なくなりました。

やっと関門を突破しました。ここまでが結構時間がかかってしまいました。

ATOK 2012 for Mac

次にATOKをインストールしました。こちらの方は、USBメモリがあるので、苦労なしで簡単にインストールできました。辞書などのアップデートも普通にできました。

実はこれまではアップデートしようとすると、フォルダが見つからないみたいなメッセージが出ていたので、アップデート画面からではなくて、手動でダウンロードしてアップデートするしかなかったのですが、改善しました。たぶんいろんなフォルダがあって、重複していたためにできなかったんだと思います。

今回の件で、ディレクトリもすっきりして、重複もなくなったので、うまく行ったのだと思います。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.